「神対応だ!」と噂の “旅のどこでも秘書 – Shuffly”

旅行者と「ベストフレンドのように」コミュニケーションしながら要望を聞き、現地の情報案内や予約・手配を行う。テキストメッセージで旅行者とコミュニケーションをとる。ネット検索に疲れた旅行者に、AIを活用しながら効率的で迅速なサポートを提供。顧客とのやり取りデータは、リピーター獲得にも活用している。台湾の現地情報が中心だが、五輪を控えた東京は、特に力を入れているデスティネーション。10%のサービスフィーをサプライヤー側から受け取るビジネスモデル。旅行者からのチップも可。

トラベルボイス(Travel Voice)
Photo by WiT

「WiT Japan & North Asia 2019」初日の2019年7月4日、恒例の旅行系スタートアップピッチが開催された。今年は11か国から30社以上がエントリー。

もっと見る:

WiT Japan 2019、起業家コンテストの最終審査に進む3社決定、ニッチ市場に特化が進む傾向に

You may also like...